Cows-Net

ドイツ生活、東京、南インド、ヨガや瞑想などなど、日々の生活から豆知識まで

【Deutschtest für Zuwanderer A1/B1】ドイツ語試験『ライティング(Schriftlicher Ausdruck (Brief))』攻略法①

【Deutschtest für Zuwanderer A1/B1】

ドイツ語試験『ライティング(Schriftlicher Ausdruck (Brief))』攻略法その①

 

今回は手紙を書くときの順番とそこで役立つRedemittel(役に立つ語句、表現)です。

 

順番

文章を書くときには、定型があります。

B2以上になると差出人住所や送付先住所、題(件名)なども書きますが、タイトル通りDeutschtest für Zuwanderer A1/B1用のフォーマットです。

 

続きを読む

【Deutschtest für Zuwanderer A1/B1】ドイツ語試験『die Prüfung』攻略法!

ドイツにEU以外の外国人が住むには、ドイツ語試験『DTZ』に合格する必要があります。

(※就労者など一定の条件下では不要)

 

普通に授業を受けていれば、合格するはず。。。

とは言え、先生やクラスメートに恵まれない人もおられるのではと、少しまとめてみました。

 

続きを読む

わたしが "BORN TO YOG" にハマる理由

"BORN TO YOG"(ボーントゥヨグ)に出会ったのは2014年

約2年のインド生活に幕を降ろし、日本で卵巣嚢腫の手術を受けたあとの

色々ボロボロの時期だったと思う(っ´ω`)っヤホー

 

 

チェンナイ在住時はアシュタンガの先生に師事していた流れで

当時マイソールクラスを開催していた東京のLotus-8(ロータスエイト) に行くようになったのだけど

インドのアシュタンガと日本のアシュタンガは「所変われば品変わる」でありまして。

まさに仏教の伝達と同じような変化が起きており

インドの自由な雰囲気が好きだった自分は他に何かないかと

それもまた当時Lotus-8でやっていた「Dharma Yoga (ダーマヨガ)(後のBORN TO YOGクラス)」のクラスに行くわけであります。それはもう本当に何気なく、何も意図せず。

 

 

 

そして、

そう、

そこには

紛れもなく

変態がいた。

 

 

テンポのいい独自の太陽礼拝から始まり

すぐさまバカアーサナ→三点倒立の流れ。

その後もふんだんに身体をほぐす伸ばすアーサナ

キープする力やパワーよりも柔軟性をより育てていく方向のシークエンス。

 

しかも度々入るダウンドッグ (Adho Mukha Shvanasana)では

ダウンドッグの代わりにピンチャ (Pincha Mayurasana) をしろと。

f:id:ayacows:20180824213240j:plain

ピンチャマユラアーサナ (Pincha Mayurasana) *肘倒立

 

アシュタンガでもピンチャは少し上級の方の特権と言いますか

ハンドスタンドも許された者達しか入れない境域と言いますか

初心者に許されているのはクールダウンのヘッドスタンドくらいでありまして

なんとその自由さに慄いたわけであります。

 

 

「まじか」

 

 

"BORN TO YOG"(ボーントゥヨグ)はアーサナ至上主義と言われていて

普通のヨガでは聞かないような

 

「あいつはヨガが上手い」とか

 

「あいつのソリは一見の価値がある」とか

 

「上手い奴らと練習しろ」など

 

聞きなれないワードがてんこ盛り。

 

 

最初は少し驚きと戸惑いを感じつつも入っていく。

ヨガを勉強した人ならご存知と思うが、そもそもヨガには八支則と呼ばれる8つの段階・行法があって、身体の鍛練がありその中のヨガでありなど、哲学としてそれをもうコテンパンに叩きこまれる。

従って今まで「今それやったらあかんで」って言われてたものを「やれ」と言われることに対して様々な引っ掛かりや疑問に感じたりする。

 

どっぷり哲学だとか思想をやってる人にとって最初は受け入れるのにワンステップあると思う。

 

しかし、今までできるのにやらないようにしていたアーサナだとか、ちょっとやってみたら怒られたり注意されたり直されたりしたことがある当方としては

「できるならやっちゃえばいいじゃん」っていう受け入れ姿勢のクラスに感動を覚えたのも事実。

それに付随してサボると飛ぶ罵声。(主にベジ)

ヨガのクラスで罵声ってなにそれと思いますが、

それだけ真剣にアーサナに取り組んでいるというある種のファクターとも言えます。

 

「大人の部活」

そう説明するのが一番わかりやすいと思います。

みんな本気です。

それだからこそ成長率がすごい。

f:id:ayacows:20180824213319p:plain

Handstand


 

そしてわたしは思います。

 

結局到達するゴールが解脱という着地点なら

そこにたどり着く方法はいくらでもあるわけで。

言うなれば東名高速の東京方面から御殿場方面に行く途中にある右回路か左回路みたいなもんで。

到達する手段は別に多々あっていいと。

 

ヨガは道で、それを続けるという献身が重要だとか言います。

やっていれば徐々に上手くなる。

でもそれには続ける、練習するということが欠かせないわけで。

 

もちろん「知」の要素は重要。

でも「動」も「静」もとても大事。

 

わたしは"BORN TO YOG" に出会ってから

ちゃんと練習するし

ちゃんと瞑想もする。

 

 

ベルトコンベアのように先生に言われたことをやっていたら

今ここでマットの上で自分に向きあっているかわからない。

 

それにはやっぱり仲間。

本当にね、仲間大事。

高めあう仲間。

自主練も大事だけど

みんなで練習するとまた別の意識が出て上手くなる。

 

 ということで

一緒にドイツはケルンで"BORN TO YOG" やりませんか?

逆立ちして転んで一生懸命できないことに立ち向かう。

極上のシャバアーサナが待ってます。

 

 

こちらから予約よろしくです↓

クービック予約システムから予約する

Volksgarten in Köln 10:30-12:00

■ コースは英語もしくは日本語。
月・水・金曜日/土曜日のみ不定
10:30-12:00
Fee: 10€ (初回お試し/ 5€) 

 

びっくりするほど後味の悪いヨガクラス

ケルンにきて約10ヶ月。

ヨガの練習ができるスタジオを探し続けてきたんだけど

 

ない。

ほんとにない。

 

厳密にいうとヨガスタジオの数は10以上ある。

なので「あるなし」のないでいうと語弊がある。

ただ、自分にあうスタジオがない

 

 

自主練ももちろん大事なのは承知。

ただやっぱり大きいスタジオでのびのびと

いつも自分がやらないようなアーサナをやってみたいという理由から

比較的たくさんクラスがあるヨガスタジオの上級者(?)クラスがあるところに行くんだけど・・・・

 

続きを読む

「歳を取る」ことと「発酵食品欲」は比例するー梅干しと味噌へのラブコールー

ちょっとはみ出しブログ。

f:id:ayacows:20171017191636j:plain

こちらは貴重な日本直輸入のシソ梅干し

 

こっちに来てからというもの、数ヶ月に一度、定期イベントのように

梅干しと味噌が無性に食べたくなる。

(醤油欲もあるんだけど、比較的身近な調味料なので末期症状にはなりにくい模様。)

そう、日本が誇る発酵食品。(※納豆は生涯不要)

そこに玄米なんてついちゃったらもうわたしウキウキどころの騒ぎじゃないよー

続きを読む

【統合講座とわたしの奮闘日記④】私を救った『試験のための準備コース』と突然届く試験召集の手紙(赤紙)

 運良く知った『試験のための準備コース(Vorbereitung auf die Prüfung Deutschtest für Zuwanderer)』がついに始まりまして。

 

ayacows.hatenablog.com

 

ayacows.hatenablog.com

 

クラスは試験対策のための模擬テストや、それに対する攻略方法をみっちりと。

 

宿題もしっかり出るし、

 

なんかこれって・・・

続きを読む

はみ出しBlog【統合講座とわたしの奮闘日記③と半分】授業の締めはパーティで♪

トーマスの教えるIntegrationkursが終盤を迎えたわけですが。

ちょっとメインラインからは逸れるのでスピンオフにて。

ayacows.hatenablog.com

続きを読む

【統合講座とわたしの奮闘日記③】ドイツ語試験 Prüfung B1のための準備コースを知るの巻

やっとこたどり着けたインテグレーションコース。

しかしその先には「Prüfung」が待ち受けているのであった。

 

前記事↓

 

ayacows.hatenablog.com

 


ayacows.hatenablog.com

 

インテグラチヨーンコースを終わらせると必然的にやってくるボス面。

それがドイツ語試験 die Prüfung B1*1なのである。

*1:die  Prüfung →試験 /B1 →ドイツ語レベル

続きを読む

【統合講座とわたしの奮闘日記②】はて?ここは動物園か何かなのだろうか

 

 ということで前回無事登録が終わり、さっそく次の日にはクラスに向かう。

 

ayacows.hatenablog.com

 

クラスには今までとは打って変わった人種のオンパレード。

今までのインテンシブコースには、スペインだとかフランス、リトアニア、イタリアなどEU諸国の顔ぶれが主体。

 

続きを読む

インドとドイツを同じにしていいのかという迷い・・・ーVISA取得までの道のり⑥最終章

 前回、義妹氏と共に突撃するも、見事撃沈。

ayacows.hatenablog.com

 

そろそろ現在のビザの期限が切れるので本気でかかっていこうと思います。

 

前回おじさんに教えてもらった番号にかけるもずーーーーーっと話し中が続く。

HP上には何も記載がない。

続きを読む