Cows-Net

ドイツ生活、東京、南インド、ヨガや瞑想などなど、日々の生活から豆知識まで

びっくりするほど後味の悪いヨガクラス

ケルンにきて約10ヶ月。

ヨガの練習ができるスタジオを探し続けてきたんだけど

 

ない。

ほんとにない。

 

厳密にいうとヨガスタジオの数は10以上ある。

なので「あるなし」のないでいうと語弊がある。

ただ、自分にあうスタジオがない

 

 

自主練ももちろん大事なのは承知。

ただやっぱり大きいスタジオでのびのびと

いつも自分がやらないようなアーサナをやってみたいという理由から

比較的たくさんクラスがあるヨガスタジオの上級者(?)クラスがあるところに行くんだけど・・・・

 

 

終わって家に帰る時、

いっつも後味が悪い。

 

いっつもなんだよ。10ヶ月経ってようやく気がついた。(おそー)

なんかいつもそのクラスの後、自転車で独り言が多いなぁと思ってはいたんだ。

でもね、今日、気がついたよ。

学びがない。

しかも上級者のレベルが低すぎる。

 

中級クラスとかにもたまに行ってみたりして

それはどんなクラスでも何かしら必ず小さい発見があるから、

悪いことばかりじゃないんだけど、

ただ真摯にこなせばこなすほど、

知らないことを知りたいという欲求が強くなっていくわけで。

 

 

あー、もうなんだよーって思った時に

そういえばチェンナイにいた時も同じ感じだったのを思い出した。

 

やっぱり同じように自主練の限界をむかえて

大きいヨガスタジオに通うことにするんだけど

どのクラスも初心者向けで

最初は謙虚に受けてるんだけど

数ヶ月経ってくると本当に深刻な問題になってきて

どこに自分の師はいるんだろうとひたすら色々なクラスを試して

ようやく見つけたのがスリマティマダム。

アシュタンガを教えてるインド人女性。

f:id:ayacows:20171027184019j:plain

マーーーーム!!!

(シャラもあります。よかったら参考にどうぞ↓)

http://ashtangavinyasachennai.com/#home

 

もう、見つけたとき涙がでそうになったよ。

あぁ、この人だ!って。

ようやく見つけて、そこでアシュタンガヨガを練習するようになった。

ヨガの基本的な考え「八支則」

アシュタンガの創立者パタビジョイス師(グルジ)も

シヴァナンダヨガのシヴァナンダ師も同じことを説いてるので

あとはアーサナを記憶して練習するだけ。(マイソールスタイル)

 f:id:ayacows:20171027184419j:plain

アシュタンガは自分がアーサナをこなせるようになるにつれて

師匠からアーサナを教えてもらえる。

そうやって1つ1つのアーサナと向き合っていく。

 

ドイツに来て、アシュタンガヨガをなんとく避けてたのは

なんとなく今自分がはまっているダーマヨガBorn to Yogに似てるヨガが

ここにもあるんじゃないかという淡い期待を抱き続けていたからなんだけど。

 

はっきりわかった。

ないよ、ない。

今の所、ない。

 

もちろんアシュタンガヨガだって

自主練の延長線上なわけだから家でもできるんだけど、

それでも師を探し続けてしまうというわたしは

いつまでたっても生徒気分が抜けないなぁ。。。

(しかし自主練ばっかりしてると飽きるんだよ・・・仲間が欲しい・・・)

 

もう、自分でやるしかないのか。

クラス始めようかな。

楽しいクラス。

レベルもくそもない、純粋にヨガをしながら楽しんで自分と向き合うクラス。

逆立ちも瞑想も後屈も前屈も、やったことないことに挑戦するクラス。

 

ようやく真剣に考え始めました。

 

私とケルンでヨガしたいという方、

ご連絡お待ちしております(切実)←(;´༎ຶД༎ຶ`)